屋根の葺き替え・壁板金工事の有限会社丸榮 佐藤板金工業|北海道札幌市

北海道の屋根を守るための技があります。屋根の葺き替え・壁板金・シート防水・雪庇止などの工事・保守点検は佐藤板金工業にお任せください。

  • HP仕上げ_コピー
  • HP仕上げ2_コピー
  • HP仕上げ3_コピー

ホーム ≫ お知らせブログ ≫

ブログページ

屋根葺替、嵩上げ工事

「屋根の状態を確認してほしい」との事で屋根を見てみると「うっ・・・」しかも太陽光(屋根に穴をあけるタイプだ)

以前に2軒、太陽光取付による不具合で雨漏りしていた現場を葺き替えした事があります。高性能防水シールは分りますが、

屋根に穴をあけるのは、ちょっと・・・・・

この屋根はHO工法と言いますが、この状態で何年持つかと言われれば「ん~・・・?」

3,4軒のHOの補修の依頼がありましたが、葺替前提の応急処置は致します。

補修に行った時には、全ての物件で何度も補修をした形跡があり、シール材が、てんこ盛り状態でした。

雨水が溜まる箇所では、シール材での補修は一時的なものなので数年持たせるのは無理です。

弊社では、雨水が溜まる、屋根に穴をあける事はありません。

防水シートも考えましたが耐用年数を考えると、板金ですね。ダクト屋根も有りますが、

小屋裏のふところが狭い事もあり、勾配変えでフラットにしました。

 

1現場点検 3現場点検 

 

下屋を見ると、「えっ!・・・」またまた発見! 撤去します。

明り取りなので部屋の中に入り担当者と、無くても状況が変わらない・・・・?事を確認し、撤去します!▼

 

2現場点検 4現場点検

 

▼まず、太陽光の取り外し。太陽光の取付はしないとの事で、下地の段取りは考えずに、撤去完了。

屋根の下地確認で板金を一部、はがして見ると重ね張り判明。両面粘着のルーフを使っているのは

確認済みでしたが、重ね葺きとはぁ~・・・・。雨漏りでそうしたのか、太陽光取付のためなのか

定かではありませんが?

とりあえず今夜は雨の予報なので穴を防水シールで塞ぎ、初日はこれまで。

 

5太陽光撤去 7太陽光撤去

6太陽光撤去 8太陽光撤去

 

▼2日目

まずは、溜まった雨水の処理から。下屋も流れず鏡のように、雲が映っています。

 

9嵩上げ 10嵩上げ

 

▼1枚め撤去、やはりこうなっていました。結露水です。思っていたよりも水の量が多い。

 

11嵩上げ 12嵩上げ

 

▼以前、別の現場で重ね葺きを撤去した時の画像です。

小屋裏換気の状態にもよりますが、板金は結露しますので、直の重ね葺きの結露水は、結構な量だと思います。

 

25嵩上げ 26嵩上げ

 

▼両面粘着ルーフなので、板金と野地の合板を一所にはがすのですが、これが、大変な作業です。

打ち合わせで現場を抜け、帰ってきたときには、はぎ終りきれいになっていました。

すごいパワーだ!

弊社は、この様な嵩上げも得意分野です。もちろん大工さんも居ます。

2.5/100の勾配にし、通気も取り、屋根を造っていきます。

 

13嵩上げ 14嵩上げ

 

▼さらに、断熱材を貼り、板金を葺き、耐久性のあるフラット屋根に仕上がりました。

 

15嵩上げ 16嵩上げ

 

▼3日目 バルコニを取外し、外壁の一部、堂間を撤去。本屋よりも手間がかかります。

 

17嵩上げ 18嵩上げ 19嵩上げ

 

▼雪止、雨樋を取り付け、外壁を納め、バルコニも元にもどし、完了です。

 

20嵩上げ 21嵩上げ 22嵩上げ

 

23嵩上げ 24嵩上げ

 

下屋の雪止を持ってくるのを忘れてしまった・・・・。   明日、取り付けに来ます。

 

2018年06月27日 15:16

たいせつ(旧木の城たいせつ)破風板金巻き工事

木板に板金を包みこむ工事です。初期のたいせつは破風、縦破風、出隅、開口、すべてラワン材でした。

当時はラワン材の破風板がどこでも見られました。おそらく塗装を切らさなければ板金よりも長持ちすると

思いますが、メンテナンスが大変です。塗装が切れると板が反ったり割れたりします。

きれいに納まりました。木破風よりもメンテナンスが楽になります。

 

破風巻き1  破風巻き2

2018年06月21日 18:36

神社屋根補修工事

2018-05-31 18.12.42

明治創立の神社だそうです。手水舎、おみくじなども有り、正面からみると

「ずいぶん立派な神社ですねー」と思わず口から出てしまいます。

伊勢神宮と同じ作りで、神明造で軒先に出入り口がある平入りと言うそうです。

私はあまり詳しくは知りません・・・・・。本殿、屋根の補修工事です。目的は破風材の交換で、

交差する千木から雨水が浸入し痛みが激しいので、入れ替えのため屋根も撤去しました。

屋根自体は箕甲、反りも無くシンプルなので苦労せずに済みそうです。

屋根の平葺きは20代までは何棟か経験ありましたが、30年ぶりの一文字葺(3尺×6尺の平板を4枚や6枚、

8枚に切り加工した平板の大きさを四つ切り、六つ切り、八つ切りと表現します)今回は六つ切りです。

 

 

1既存屋根 2既存屋根  

 

▼柾(まさ)も傷んでいますので撤去します。破風材は105mm×300mmのサイズなので入れ替えは大変でしたでしょう。

軒付もきれいに仕上がっています。

 

3既存屋根 4木工事

 

     ▼屋根は全面塗装しますので塗装がのりやすいように板金の裏面を使って葺きました。

 

5木工事 6板金工事

 

      ▼裏板、軒付、淀、破風、桁、棟木を銅板で仕上げていきます。

 

7板金工事 8板金工事

 

      ▼千木、鰹木が無いのは、さみしい気がしますが・・・・・完了です。

 

9板金工事 10板金工事

2018年06月05日 21:02

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

IMG_1049

たいせつリフォームチーム J様の現場です。築25年、お客様からの、ご依頼で屋根の点検をしたところ、

「煙突部のつかみ込みがさびている」との事でので葺き替えを提案して頂きました。

 

1既存屋根    2既存屋根       

▼J様と、「この感じだと孔はあいてますね」と話しながら、お客様にも見て頂き煙突部を撤去

したところ、やはりさびハゼが無いです。

 

3煙突  4煙突  5煙突     

 

▼幸い、雨漏れの雨水は少量でしたので、野地板にも雨ジミも付いていません。きれいです。

 

                                 6煙突                  7煙突                                 

▼煙突も、谷の納まりもキッチリ施工させて頂きました。これで、30年以上大丈夫です!

 

11仕上がり  9仕上がり     

 

たいせつリフォームチームは、毎回、工事が始まる時から終わるまで、いっしょに現場にいます。写真を撮ったり、

仕事を手伝って頂いたり、我々の仕事のすべてを熟知しており、お客様とお話をされている所を見ても

信用、信頼されている事が十二分に伝わってきます。

我々も安心して仕事に集中させて頂いています。いつも、ありがとうございます。

 

8仕上がり  10仕上がり

 

 

 

2018年06月05日 20:50

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

完了

たいせつリフォームチーム J様の現場です。先月、小樽でお客様の葺き替え工事をしましたが、別に所有する貸家です。

築32年、葺き替え時期と言う事でお客様から葺き替えのご依頼です。

雨漏れする前に葺き替える。間違いないです。

 

1既存屋根  2既存樋  3既存煙突         

▼J様から、お昼前ですか?と聞かれ、屋根のタイプから午前中で仕上げるつもりでしたが、40分オーバーでした。

  野地板の締め直しをしまして順調に進んでいきます。

 

4撤去   5撤去       

 ▼屋根の塗装、2箇所のコーキング以外はメンテナンスフリーです。

 

   6完了  7完了  8完了

2018年05月28日 16:15

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

26完了

たいせつリフォームチーム I様 2棟連続の葺き替えです。市内発寒、築36年メンテナンスはしていませんが、よく保ち続けました。

 

1既存屋根 2既存樋  

▼集合煙突のつかみ込み箇所にコーキングを打っていますが、れっかしていますので、水が抜けていたんですね。

陣笠もコーキングで塞いでいますので結露水が溜まってしまいます。さびがでています。

 

3既存煙突 4既存谷  

▼笠木には水ジミがありますが、これは淀のつかみ込みから入ります。雨が長く続いたり、風の強いときなど、少量ではありますが・・・・・。

 

5笠木 6笠木  

▼笠木の隅の箇所です。ほこりが着いていますので、雨水がだいぶ入っています。対策が必要な箇所です。

 

7笠木 8笠木  

▼樋を撤去したときに下地材にさびが着いています。板金はピンホールになりかけています。上の画像の笠木から入って溜まっていたようです。

 

9樋部 10樋部 11樋部 

▼谷部も孔はあいていませんが、きわどいところでした。

 

12谷部 13谷部                         

 

▼集合煙突はつかみ込みから雨水が入っていましたが、室内に漏れは無いようです。

 

14煙突部 15煙突部 16煙突部

 

▼既存板金撤去、野地板確認後にダクトに断熱材、アスファルトルーフィングを施工していきます。

 

17撤去 18ルーフ 19ホッパー

 

▼ダクト部は雨水が集中する箇所なので念入りに作業していきます。

 

20樋ルーフ 21樋加工 22樋仕上げ

 

完璧です!

 

23集合煙突 24谷納め 25樋 

2018年05月26日 08:44

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

新規屋根

たいせつリフォームチーム I様からの依頼です。築40年、長持ちしています。

 

1既存屋根 2新規屋根  

▼集合煙突のつかみ込みからでは無く、モルタルを乗せる水切りから雨水が入っていました。

 

3既存煙突 4新規煙突  

▼野地板にシミが残っていますが、内部には入っていないようです。右の画像は一階の屋根ですが、ほこりのようになっている所が、雨水が入っている箇所です。この下は玄関になっていますが、雨漏りの跡があります。

5煙突部 6笠木  

しっかり完了!

 

7完了 8完了 

2018年05月25日 19:01

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

完了1

今日の現場は小樽、たいせつNS・K様です。集合煙突からの雨漏りで、K様が応急処置でコーキングを打っています。

もともと、コーキングを打っていましたが亀裂が入り雨水が溜まり、さびが流れています。

この様になるとほとんど、孔があいています。板金を裏返すとしたハゼが腐って何も無い状態です。

 

既存屋根 煙突部 煙突部2

 

これも、つかみ込みにコーキングを打ってしまったために、この様な状態になってしまいました。

下地材(アスファルトルーフィング)をはがすと野地板が水に濡れてシミになっています。下地材の重ねた所から、

(100mmの重ねから)入っています。通常の結露であれば入る事はないのですが、大量の雨水が入ると

重ねた所から入るという事が言えます。つかみ込みの箇所は、この様な事もふまえて下地材の重ねを、

通常よりも多めに重ねるようにしています。

煙突部3 煙突部1 煙突部4 

今日も、しっかり納めました。

 

煙突部5 樋 完了

2018年05月22日 19:17

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

完了

今回は、Hメンテナンス様からの依頼で岩見沢市です。築31年 葺き替え時期ではあります。

これまで雨漏りはしていないとの事でした。

びふぉー あふたーです

既存屋根  完了1

 

▼煙突部にコーキングを打っていましたので、撤去、裏側を見てみるとさびが流れています。少量ですが雨水が入っていましたが、

内部には入っていないようです。

 

既存煙突つかみ込み 既存煙突つかみ込み1 既存煙突つかみ込み2

 

▼谷部は、コーキングは打っていませんが、さびがあります。このさびは板金の内側から出たものですが、

よく見るとピンホールがありますので、これも少量の雨水が入っていましたが、内部に入る事はなかったようです。

 

谷 谷1 谷2

 

▼つかみ込みにコーキングを打つと、▼この様にさびがでます。打ってはいけない箇所です。

 

つかみ込み部1  つかみ込み部

 

2018年05月21日 17:54

たいせつ(旧木の城たいせつ)屋根葺き替え工事

完了 煙突部

お得意様、たいせつリフォームチーム I様からの依頼です。築30年、煙突、谷部にコーキングを打っていますが、これまで雨漏りはしていないとの事です。

 

既存屋根 既存屋根 平成元年 

 

谷部を撤去してみると野地板に、雨漏れの形跡がありました。裏側はさびて孔があいていました。原因はコーキングにあります。

応急処置以外には打ってはいけない箇所です。板金は結露や霜による水滴がありますので、

コーキングを打つ事より水が抜けなくなります。メンテナンスする際には注意が必要です。

 

谷部 谷部1 谷部2 

煙突や谷などのつかみ込み箇所は、勾配がゆるいので水が溜まりやすく、さびやすい箇所なので、水が溜まらずに

流れるようにしなければいけません。

煙突部 煙突部1 煙突部2 

 野地板の点検。傷んでいたり、釘の頭が出ていたり、抜けていたり、木材の切りくずなどもあります。

 特に雨水が溜まってはいけない箇所は、念入りに確認しなければいけません。

 

下地確認 アスファルト・ルーフィング 完了

2018年05月19日 22:15

有限会社丸榮 佐藤板金工業


TEL 011-791-4558 FAX 011-791-4608 営業時間 9:00~17:00

モバイルサイト

有限会社丸榮 佐藤板金工業スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加