屋根の葺き替え・壁板金工事の有限会社丸榮 佐藤板金工業|北海道札幌市

北海道の屋根を守るための技があります。屋根の葺き替え・壁板金・シート防水・雪庇止などの工事・保守点検は佐藤板金工業にお任せください。

  • HP仕上げ_コピー
  • HP仕上げ2_コピー
  • HP仕上げ3_コピー

ホーム ≫ 屋根施工事例 ≫

弊社の施工事例をご紹介いたします。

屋根葺き替え工事の作業内容

屋根材の下にはアスファルトルーフィングと言う下地材(二次防水材)が有りますが、この下地材の施工はとても大事なところで、屋根材の裏面につく結露水、霜による水滴を受けて屋根裏の内部に水が入るのを防ぎます。
屋根を長持ちさせるには、屋根材を張る前の木下地も含め下地処理が大切です。

無落雪屋根のスノーダクト専用の部材です。
少なくとも35年前から使っている、信頼性のある部材を使用しています。

あらゆる屋根に対応しています。防水テープ入りの通し吊子を使います。(屋根材を押える部材)
近年では横に貼り落雪防止にする現場も増えてきました。

笠木

幅の細い部材です。雨水が入りやすいので注意が必要な箇所です。

谷納め(テーパー加工)

既存の谷(人が立っている所)は、勾配のきつい屋根などでよく目にしますが、無落雪の勾配のゆるい場所では注意が必要です。
屋根の中でも雨漏りの多い箇所です。扇形にカットしたものです。
雨水が残らず流れ、風圧で板金がはがれないように軒先の板幅が決まっています。

集合煙突納め・陣笠

谷納め同様、雨漏りの多い箇所ですが谷、煙突ともに、つかみ込みがあります。
普通につかみ込んだ場合つかみ込んだ所は厚みが出ますので、その手前に水溜りが出来やすくなりますので細工が必要です。
つかみ込み部には隙間がありますが、この隙間が少なくなると雨水が残りやすくなります。
いずれも、雨水が残らないようにしなければいけません。

嵩上げ葺き替え工事

お取引先様からの葺き替え工事の依頼です。
雨漏りの現場で、勾配(傾き)の無い平らな屋根ですが、1階の屋根に2階の屋根を支える柱、その内側の木下地が下がり雨水が溜まっています。
これを、雨水が溜まらない勾配に変えて、柱部にも雨水が溜まらないように木下地を作ります。
嵩上げ(かさあげ)です。

2階の屋根を支えている柱なのですが、全て柱の根本が腐っていますので、一気に取り壊さずに1本づつ取り換えます。
雨漏りの原因は孔(隙間)が有る訳ですが、そもそも屋根材を張るときは、一枚ずつ、つなぎながら取付をしたり、ハサミで切ったり折る場所も有りますので、当然、隙間や孔ができます。
そこで隙間や孔に防水材(シーリング材など)を入れますが、頼りすぎると雨漏りの原因となりかねません。
特に無落雪屋根は屋根の勾配がゆるいので、屋根が複雑になると雨水が溜まりやすい箇所も有ります。
孔や隙間に雨水が溜まらず流れるような下地作りと、さらに、ひと工夫が必要です。

木下地完了です。
屋根の嵩上げ、柱の交換、柱の間を1段高くして笠木(赤まる)にも勾配をつけることで雨水を溜めないようにします。

完成

谷納め

降り積もった雪の重量が限界に達した時に一気に雪が滑り落ち、谷のつかみ込みのハゼが起こされます。
軒先に氷が着いている時にも同じようになります。ハゼが起こされないように工夫することが必要です。

W谷

この様な複雑で入り組んでいる屋根は、形にとらわれずに、雨水が溜まる事無く流れるようにすること、それだけを考えながら施工します。

無落雪屋根の風下に吹きだまりが出来ます。雪庇(せっぴ)です。
その対策として雪庇止を付けますが、比較的積雪量の多い岩見沢市を数年間、冬の現場がある毎に積雪の深さを測り、雪庇止の高さを決めました。
雪庇止の高さよりも積雪の方が高くなると効果が無くなり、雪庇が出来ます。
なるべく冬の間に屋根の除雪をしないで済むように作りました。

私どもが作る雪庇止は当初、厚物の板金で製作して既存の屋根(板金)に直接取付していましたが、屋根の葺替時期になると取り外し、取付をすることで経費が掛ります。また、ハゼに雪庇止を押える金物を取付するときに、既存屋根の強度が施工に左右される(たとえば、台風などで屋根が飛ばされたりすることがある)ので、既存の屋根の雪庇止取付部分の板金を起こし、屋根の木下地に木製の雪庇止を取り付けすることで強度が増し、施工の効率も良くなります。
葺替時の取り外しが無くなることで、経費の負担も無くなります。

2002年2月の岩見沢市で記録的な豪雪です。
積雪の重さで軒が折れたり、災害の物件が多数出ているとの連絡で、緊急調査に行った時に撮ったものです。

弊社の雪庇止ですが、積雪の方が超えています。
この様になると除雪が必要になります。
この年は特別ですが、雪庇止は地域の環境に合う高さや形状を考える必要があります。

お問い合わせはこちら

有限会社丸榮 佐藤板金工業


TEL 011-791-4558 FAX 011-791-4608 営業時間 9:00~17:00

モバイルサイト

有限会社丸榮 佐藤板金工業スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

友だち追加